カテゴリ: 宙組

ポーの一族、ドクトル・ジバゴも観劇しているにもかかわらず、まずはこの話題を!!!


天彩峰里、新公ヒロイン決定!!

星組から異動して、どういう扱いになるか…とても心配していましたが。

よかった。

いつも真摯に舞台に取り組んでいる彼女が報われて嬉しいな。

頑張ってヒロインを演じてほしいです!

彼女は下級生の頃から、その美しさは目立っていて。
ヒロインを与えられることが多かったよう。

おそらく地声も低く、高い声を出すことがとても難しい喉の持ち主だったのだろう。
ヒロインとして歌を歌う際には、自信なさげな喉を締め付けるようにか細い声を出すことが精一杯のようだった。

天性の美声を持たない役者にとっては、歌のレッスン、ボイストレーニングは必須ではあるけれど、かなりの出費が必要で…きっと宝塚のお給料だけではやっていけないのが実情…。

声がよくて歌がうまい役者が好きな私は、彼女を語るときには「絶望的にヒロイン歌唱ができない娘役」…として語ってしまう。

だけど、サヨナラ公演での伶美うららはヒロインだった。
高音の歌唱はできないけれど、しっかりとヒロインとして存在していた。

神々の土地での、あの芝居は彼女だからこそできた芝居。イリナとして唯一ドミトリーと対峙した時は仕草や声色で揺れる感情を表現する彼女の芝居は、素晴らしかった。
ショーでは着こなしが難しい赤いドレスも自分のものとし。低音歌唱で大人の女の喪失感を歌い上げていた。

どうして、彼女をトップにしなかったのか?
その思いしか残らない。

実咲凜音の退団がエリザベートであれば、双頭の鷲から宙組のヒロインとして存在することもできたはず。
朝夏まなとの退団を見送り、真風との新たなコンビを組み数作で退団…。
今更嘆いても仕方ないが、本当に惜しい。

劇団の歴史上には、トップ娘役として名前は残らないけれど。ファンの心には、美しい娘役・伶美うららは刻まれました。



上田久美子先生の言葉を引用して。





さようなら、美しい人。



昨日は宙組の集合日。

朝夏まなとと一緒に大量退団になりやしないか…気になっていたところ。

娘役の退団…。
しかも、いい味してる娘役たち。
瀬音リサ、彩花まり、伶美うらら…。

うららちゃん、真風の相手役じゃないの?
あんなにお似合いなのに?
オトナな雰囲気のコンビがあっても良くない?
ソプラノ歌唱は壊滅的だったけど、まぁそんな人多いでしょ?
95期からはもう娘役トップ出さないってこと?

なんでよー。

けっこうショックでした。

毎回人事はファンの思う通りにはいかないものだけど、うららちゃんは真風の相手役になって欲しかったなぁ。

発表がかなり遅くなった時点で、もしや…と思っていましたが。

宙組次期娘役トップ不在。

なんということでしょう。

宝塚にとって、男役トップと同じくらい娘役トップは重要なポジションなんですけどね。

男役トップが輝けるのは、相手役である娘役トップがキラキラ輝いているから。

信頼関係のできた相手役の支えがあるから。

一緒に歩んでいける相手役の存在があるから。

だから、あの圧倒的な輝きが見られると思うんですよね。

男役トップがいないなんて考えられないのと同じで、娘役トップだって必要不可欠な存在なんだよー!!

劇団側に巻き舌で文句を言ってやりたい気分です。

彩輝直、瀬奈じゅん、音月桂に続いての、娘役トップ不在。

瀬奈じゅんのあの孤独な姿を見てるので、あぁいう思いを男役トップにさせないでほしいと思います。


なんでしょうね。

何を考えてるんでしょうね、劇団。

伶美うららも星風まどかもストレートにトップには据えかねるという判断なのでしょうが。

伶美うららでいいじゃない?

ダメなの?なんで?

あんなに押せ押せだったでしょ?

ここにきてハシゴ外すの?

って、思いましたね。

歌がダメダメでもトップになる生徒もいるので、歌が問題ではないはず。

何?なんか秘策でもあるの?

疑問符だらけの発表でした。


星風まどかについては、今じゃないと思うので選ばれなくてよかった。

彼女の雰囲気、実力を遺憾なく発揮できる相手役の元でトップ娘役になってほしいと思います。

そろそろ発表があるのでは…と、皆さんじれったい気持ちを持っていると思いますが。


誰になるんでしょうね。

…って、皆そう思ってるよ!


伶美うらら、か
星風まどか、か
トップ娘役は置かない、か。

どうなるんでしょう。

私は、いろいろ思うところはありますが、やはり伶美うららが本命かなー?と予想しています。

伶美うららの美しさは、今の宙組ではピカイチではないでしょうか?
トップ娘役の実咲凜音を凌ぐかもしれませんね。
面長な風貌と少し大柄な体型が、娘役というより女役という印象ですがね。
いつも深く役を捉え表現しているので、芝居芯はあるように思えます。
ビジュアルはよく、芝居もでき、ダンスで大きな破綻はない彼女ですが。
一番のネックは、歌唱力の低さですよね。
確かに、あれはいただけない。
下手だと言われていた鮎ゆうきでも、頑張って声を出して…不安定な発声ながらある程度の声量はありました。鮎ゆうきは男役から転向したばかりでのトップ娘役就任でしたから、ダンスも娘役としての所作がぎこちなくて、歌も娘役歌唱ができていませんでした。
しかし、伶美うららは娘役として入団しているのにあの歌唱。何回新人公演のヒロインをしてきたのでしょう?
自分でも歌が苦手だと自覚があるはず。
今まで歌のレッスンは受けてきていないのでしょうか?レッスンを受けていれば、ソプラノは出ないでも娘役らしい歌唱はできるはずですけど。
ある意味ハートが強い彼女、トップ娘役になったとしてもやっていけると思います!

彼女が、次期トップ娘役に選ばれなかったとしたら、やはり歌唱力がネックだったんだろうな、と思います。


星風まどか。
星風まどかは、まだまだ垢抜けないビジュアルですよね。かわいいんだけど、イマイチ垢抜けない。
持っている実力と今の風貌がアンバランスなんですよね。昔の純名里沙っぽい。
幼さ残る顔立ちが、今の大人な男役の多い宙組では合わないと思うんですよねー。
ヴァンパイア・サクセションで、真風涼帆と組んでいましたが、しっくりこない感じがしました。
言葉悪いかもしれませんが、30代半ばの男が10代の女の子と付き合ってる感じ。ロリコンっぽい雰囲気になるんですよね。
彼女はもう少し経験を積ませて、雰囲気の合う男役と相応な時期にコンビが組めるのが一番いいと思いますがねー。


伶美うららが朝夏まなとの相手となり、朝夏まなとの退団後も少し残り、真風涼帆の相手を努めてもらえたらと思うんですよね。
真風との見た目の相性は抜群ですから。

そのためにも、伶美うららの歌唱力の向上を願いたいです。



↑このページのトップヘ