カテゴリ: 雪組

望海風斗&真彩希帆コンビのお披露目公演、とても楽しみにしていました。

歌うまコンビにワイルドホーン作曲となれば、期待せずにはいられませんでしたが…

期待以上でした!!!!!!!


すごい公演を観た!


感想はこれに尽きる。


ま、でも。

今回の公演で目立ったスターについて、書きたいw

やはり、真ん中。

だいもん。

せり上がりでの演説のソロ。

圧倒的な歌唱、魂の歌に鳥肌が立つほど興奮しました。

ただの歌うまスターとは違う、観客をねじ伏せる力のある歌が歌えるスター。
すごい!
ロベスピエールが革命に希望を持ち進む時、仲間との対峙、ボタンを掛け違えたかのように滅亡に向かう…。
ロベスピエールとしての感情がダイレクトに伝わり、観ていて辛かった…。
すごい芝居でした。ミュージカルでした。

相手役、真彩希帆。
だいもんが全力で進んでもぶつかっても振り落とされることのない実力のある娘役。
声も芝居もだいもんとの相性が良く、作品に入り込むことができました。
冒頭の、私はマリー=アンヌ…のソロでは、マリーの感情にシンクロしてしまいすでに涙が流れてました。
どの歌も素晴らしいし、感情の揺れがしっかり伝わり見事なマリー=アンヌでした。
特にマリー=アンヌが絶望から希望を持ち始めるデュエットの素晴らしさ!2人の声が溶け合っていくようでした。
あぁ、だいもんには真彩希帆しか考えられない!
素晴らしい娘役。


そして。
サン=ジュストの朝美絢。
月組育ちのあーさがどう雪組で輝くか楽しみにしていましたが…だいもんとの芝居の相性がとっても良くて、ゾクゾクするほど純粋すぎるサン=ジュストでした。
あーさ演じるサン=ジュストの目のキラキラはすべてロベスピエールに向けられていて、ロベスピエールが破滅に向かう道程でも彼はキラキラ満面の笑みで…。
この対比によって、ロベスピエールのつらさが際立ち、涙が溢れましたー。
あと、あーさってこんなに歌えた?冒頭の歌でびっくりしました。迫力ある歌唱のできる男役…。月組では埋もれてたのかな?(月組あんまり観ないもんで…)


それと。
彩風咲奈…。
やっぱりスタイルいいわ!
足長いし、目立つスタイル。
歌はそこそこ歌えているのに、トップコンビがあまりにもうますぎて物足りなく感じる…。声にもっと艶が出るといい男役になるのに!
頑張ってほしい!!


この公演、もっと掘り下げてほしいところがたくさん。
マクシム、ダントン、カミーユの友情とか、
マクシムの唯一の家族である妹と弟との関係とか、
マリー=アンヌに対する感情の変化とか、
もっと深く掘り下げて、一本物にしたら良かったのに!

脚本は駆け足な気もしますが、
トップコンビの歌唱力と
ワイルドホーンの曲と
だいもん、きいちゃん、さきな、あーさ、コマさん、みちるちゃん、なぎしょーたちの芝居で素晴らしい作品、ミュージカルになっていました!

私はあと数回観に行きます。
変化が楽しみです!





遅ればせながらの話題ですが!

めでたい!!

望海風斗さん、真彩希帆さん、おめでとうございます!!

北翔海莉&妃海風コンビの退団以来の歌うまコンビ誕生です!

なんてったって、みちふうコンビが短期だったもんで。

観たい作品が山ほどあるわけです。

彼女たちの声の相性は、ブリドリのHomeのデュエットで証明されていますので。

ほんと、楽しみで仕方ありません。

まずは、海外ミュージカルとかガンガン歌唱力発揮する作品をあててほしいです。

ゆうちょのスポンサーもついてることだし!

しかし。

コンビの相性でいえば、現トップコンビのちぎみゆも最高ですし。このコンビがあと一作しか観られないとなると、寂しいものですね…。

とりあえずは、次回公演のチケットを確保しなければ。

本気で探してないからか、まだ手にしておりません。ヤバい。


早霧せいな&咲妃みゆの退団。

北翔海莉退団翌日、予想していた発表がありました。

本来なら、大劇場千秋楽翌日に発表するところ、北翔海莉退団公演中であるためにこの日まで発表を延ばしていたのでしょうね。

演目発表から恐らく退団では…と思ってはいましたが。
ファンの方々は、心に大きな穴が空いているとお察しします。

早霧せいなの男役、ちぎみゆのトップコンビはまだまだ観ていたいくらいですが。

望海風斗も円熟してきています。どうしても次を考えてしまいます。

早霧せいな、咲妃みゆも次期を考えて過ごしていたと思いますし。

作品に恵まれ、外部からの注目の高かったコンビでした。

最後まで熱い男役と、憑依型の娘役の真骨頂を魅せてもらいたいと思います。



…。



次期トップコンビは、望海風斗&真彩希帆でしょうかね。
このコンビ、実は楽しみにしています。
次回雪組公演で絡みがあるか、楽しみです。

北翔海莉&妃海風が宝塚を卒業した今、次の実力派と言われるのは望海風斗か礼真琴しかいませんし。

宝塚では、この2人を応援したいですね。

瀬央ゆりあも少し気になっています。

10/18に観劇しました。

この日は、花組の生徒さんたちが観劇されていました。

私が確認できたのが、水美舞斗さん、鳳月杏さん、桜咲彩花さん。

やはり華やかでした。

私の座る席の辺りを若い生徒さんたちが通られたのですが、スタイルの良さから生徒さんかなー?と思う感じだったのですが、言動がチャラい!偽ジェンヌ?と思っていたのですが、後々楽屋口から水美さんと出てくるのを見てびっくりしました。

生徒なんだから、ファンのいるところでは品性を大事にしてくださいよー。


さて、「Greatest HITS!」の感想。

いいショーだったと思います。

冒頭の華やかな宝塚らしい衣装のプロローグ場面。圧倒的な勢いを感じます。

それから、summer timeに乗せて踊る早霧&望海の官能的なダンスの場面。

この2人は本当に絵になりますね。

雪組がトップコンビだけでなく、2番手男役も含めたトリデンテを押しているのがわかる気がしますね。

望海の持つ男役の色気が、真っ直ぐさが魅力の早霧と絡み合い、互いに魅力を増しているように思います。

そして、特筆すべきはOver the Rainbow に乗せて踊るトップコンビのデュエットダンス。

最近の公演で、こんなにがっつり踊るデュエットダンスあったかな?と思うくらい、舞台をフルに使ったダンス。

いいですねぇ。満足!

また、別の記事で最近のデュエットダンスに関する思いを書きたいと思います。

イケメントナカイやサンタの登場でクリスマスメドレーに入ります。

これ、東京公演の頃には盛り上がるんではないかなぁー。

東京で観る方々、うらやましい!

あっという間にパレードになってしまって、楽しかったような寂しいような。そんなショーでした。

ショーでは、望海風斗の圧倒的な歌唱力に惚れ惚れしました。今でも充分な歌手ですが、音域の広さや歌声を使い分けるテクニックが身につけば怖いものなし!ですね。

月城かなとも美形で歌えて踊れて三拍子揃った男役ですね。月組に組替えが決まり、雪組での最後の公演でした。珠城りょうとの並びが楽しみです。

永遠輝せあのビジュアルの良さ、そして歌える!ことに感心しました。少し紅ゆずるを彷彿とさせるビジュアルですね。そして、新公学年なのに、パレードで1人降りしていることに驚きました。劇団イチオシなんでしょうね。着実に育って欲しいし、育てて欲しいと思います。

咲妃みゆについても、思うことはたくさんあるのですが、別の機会に書きますね。あ、いい意味での思うことです。

「Greatest HITS!」もう一度観たくなるショーでした。

どこかでもう一度観に行こうかなぁ。






10/18に雪組観劇してきました。

昔はよく雪組を観ていたのですが、復帰してからは初めての観劇。

早霧せいなは、歌が今ひとつだし発声が良くないのであまり惹かれないスターですが。

歌も、本人比でかなり上手になってきているのは感じますが、上手くはない。

ですが。

生で観ると、男役としての動きや踊りのダイナミックさ、スーツの着こなしが際立って、歌の今ひとつさを上回る魅力を放つとても素敵なスターだと感じました。

ケイレブ・ハントについては、早霧&咲妃コンビの恋愛が描かれていて、しっかりトップコンビを見せる公演だったと思います。

正塚先生の作品は、高い演技力を求められるのだな…と改めて思いましたね。

かつて、久世星佳が演じてハマっていた正塚作品。確か、香寿たつきもハマっていたかな?

最近は不評だと耳にすることも多かったのですが、今回の作品を観て、不評だったのは演じる側の力量が追いついていないのではないのか?と思ったりもしました。(脚本・演出に問題のある不評作、駄作もあるとは思いますし、不評と言われていた正塚作品を観ていないので、あくまで私の推測です。)

正塚作品は、行間を読む芝居が求められると久世星佳が話していたように記憶してますが。

合わせて、大人の男女の何気ない日常の恋愛を切り取る作品が多いことも、最近のアイドル然としたスターたちには演じることが難しいのかもしれませんね。

そういう意味で、早霧&咲妃コンビは大人の男女の機微を上手く演じていたと思います。

雪組の生徒さんたちには詳しくないのですが、演技達者な方が多く、安心して観劇できました。

101期生の縣千が、探偵事務所の下っ端役で抜擢されていたのも印象的。

まだまだ体型もお化粧も髪型も洗練されていないけれど、抜擢されるにはそれなりの理由があるわけで。

これからの成長が楽しみですね。

↑このページのトップヘ