カテゴリ: お気に入り

望海風斗&真彩希帆コンビのお披露目公演、とても楽しみにしていました。

歌うまコンビにワイルドホーン作曲となれば、期待せずにはいられませんでしたが…

期待以上でした!!!!!!!


すごい公演を観た!


感想はこれに尽きる。


ま、でも。

今回の公演で目立ったスターについて、書きたいw

やはり、真ん中。

だいもん。

せり上がりでの演説のソロ。

圧倒的な歌唱、魂の歌に鳥肌が立つほど興奮しました。

ただの歌うまスターとは違う、観客をねじ伏せる力のある歌が歌えるスター。
すごい!
ロベスピエールが革命に希望を持ち進む時、仲間との対峙、ボタンを掛け違えたかのように滅亡に向かう…。
ロベスピエールとしての感情がダイレクトに伝わり、観ていて辛かった…。
すごい芝居でした。ミュージカルでした。

相手役、真彩希帆。
だいもんが全力で進んでもぶつかっても振り落とされることのない実力のある娘役。
声も芝居もだいもんとの相性が良く、作品に入り込むことができました。
冒頭の、私はマリー=アンヌ…のソロでは、マリーの感情にシンクロしてしまいすでに涙が流れてました。
どの歌も素晴らしいし、感情の揺れがしっかり伝わり見事なマリー=アンヌでした。
特にマリー=アンヌが絶望から希望を持ち始めるデュエットの素晴らしさ!2人の声が溶け合っていくようでした。
あぁ、だいもんには真彩希帆しか考えられない!
素晴らしい娘役。


そして。
サン=ジュストの朝美絢。
月組育ちのあーさがどう雪組で輝くか楽しみにしていましたが…だいもんとの芝居の相性がとっても良くて、ゾクゾクするほど純粋すぎるサン=ジュストでした。
あーさ演じるサン=ジュストの目のキラキラはすべてロベスピエールに向けられていて、ロベスピエールが破滅に向かう道程でも彼はキラキラ満面の笑みで…。
この対比によって、ロベスピエールのつらさが際立ち、涙が溢れましたー。
あと、あーさってこんなに歌えた?冒頭の歌でびっくりしました。迫力ある歌唱のできる男役…。月組では埋もれてたのかな?(月組あんまり観ないもんで…)


それと。
彩風咲奈…。
やっぱりスタイルいいわ!
足長いし、目立つスタイル。
歌はそこそこ歌えているのに、トップコンビがあまりにもうますぎて物足りなく感じる…。声にもっと艶が出るといい男役になるのに!
頑張ってほしい!!


この公演、もっと掘り下げてほしいところがたくさん。
マクシム、ダントン、カミーユの友情とか、
マクシムの唯一の家族である妹と弟との関係とか、
マリー=アンヌに対する感情の変化とか、
もっと深く掘り下げて、一本物にしたら良かったのに!

脚本は駆け足な気もしますが、
トップコンビの歌唱力と
ワイルドホーンの曲と
だいもん、きいちゃん、さきな、あーさ、コマさん、みちるちゃん、なぎしょーたちの芝居で素晴らしい作品、ミュージカルになっていました!

私はあと数回観に行きます。
変化が楽しみです!





遅ればせながらの話題ですが!

めでたい!!

望海風斗さん、真彩希帆さん、おめでとうございます!!

北翔海莉&妃海風コンビの退団以来の歌うまコンビ誕生です!

なんてったって、みちふうコンビが短期だったもんで。

観たい作品が山ほどあるわけです。

彼女たちの声の相性は、ブリドリのHomeのデュエットで証明されていますので。

ほんと、楽しみで仕方ありません。

まずは、海外ミュージカルとかガンガン歌唱力発揮する作品をあててほしいです。

ゆうちょのスポンサーもついてることだし!

しかし。

コンビの相性でいえば、現トップコンビのちぎみゆも最高ですし。このコンビがあと一作しか観られないとなると、寂しいものですね…。

とりあえずは、次回公演のチケットを確保しなければ。

本気で探してないからか、まだ手にしておりません。ヤバい。


今、なんとなく気になっているスターさんを挙げてみようかなー。


ということで。

🌸花組🌸
鳳月杏
桜咲彩花
水美舞斗
聖乃あすか


🌙月組🌙
月城かなと
正直、あんまり観ない組なのでわからない。

❄️雪組❄️
望海風斗
真彩希帆
真那春人

⭐️星組⭐️
瀬央ゆりあ
礼真琴
天彩峰里

💫宙組💫
和希そら
怜美うらら(美貌は天下一品!)


と、こんな布陣でございます。

雪組組替え後の扱いが気になる真彩希帆ちゃんと、抜擢に応えてきた「せおっち」こと瀬央ゆりあは特に気になる。
あと、色気がハンパない和希そらとか。もう少し背があったら怖いもんなしな気が…。惜しい!
鳳月杏も色気ダダ漏れ!あきらとはちょっと違う色気がいい!

こんな感じのグダグダ投稿でした。


歌劇11月号の北翔海莉を送る言葉に、大泣きしてしまいました。

彼女の今までの歩みを振り返り、その人柄と舞台に向ける真摯な態度、そして並々ならぬ努力を感じずにはいられません。

側で見てきた、演出家の先生や振付の先生、そして組子たちの言葉がそれを物語っています。

彼女の舞台人として、プロとしての生き方を見て、私も自分自身の仕事にプロとして向き合っているか考えさせられます。

彼女のタカラジェンヌとしての日々も、残り少なくなってきました。

誰かに見られているから努力するのでなく、舞台の前にいるお客様のために、ひいてはプロとしての自分自身の誇りのために一切手を抜かない日々を送っていた北翔海莉。

頭があがりません。

あっぱれ!

千秋楽。

ライブビューイングですが、最後のその姿を目に焼き付けてこようと思います。

私が久しぶりに宝塚を観たのが、星組のナポレオンでした。

十数年のブランクを経ての観劇。

パンフレットを見ていて、北翔海莉の名前にまだ在団してたんだ?しかも専科になってんの?って思ったくらいでした。

(ちなみに、北翔海莉と愛音羽麗はあまり知らないけど、インパクトのある芸名なので4文字熟語っぽい芸名!夜露死苦みたいな芸名だ!と覚えていたくらい。)

で、幕が開いてみたら。

圧倒的な歌唱力と表現力で、柚希礼音以外の星組生が霞みまくり。

あまりの凄さにびっくりしたのです。

そのあとから、ネットで宝塚事情を調べまくり。

彼女の下級生の頃には、私は月組を観ていなかったので、こんなに歌やダンスが上手だとは知らず。
 
華々しく抜擢されていた下級生時代を経て、不遇な形で専科に異動したことを知りました。

専科に移っての彼女の技術面の実力はもとより、下級生を引っ張りあげるその力に惹かれました。

月組のファンタスティックエナジーの本気の踊り。

スターとなれば、真ん中で歌っていたり軽く回ってみたりするだけになることもありますが、北翔海莉は全力で踊り歌い…組子もそれに影響され、本気を出す。

その相互作用が素晴らしい場面を作り上げていました。

メリーウィドウしかり、風の次郎吉しかり。

北翔海莉が中心となると、周囲が必ずレベルアップしていくのです。

すでに退団公演も折り返し地点となってしまいました。

願わくば、もう少し中心にいる北翔海莉を観たかった。

星組に長らくいることはできなかったかもしれないけど、まだまだトップになるには経験が少なすぎる珠城りょうをしっかり育て上げるために月組でもう少し観たかったなぁ…と思ったりします。

北翔海莉と妃海風のコンビでもっと観たい作品がいっぱいあったのに。

本当に残念。

↑このページのトップヘ