2016年10月

美弥るりかの初主演公演が決まりましたね。

珠城りょうがトップになった途端に、美弥るりかの爆上げ?が始まりました。

凪七瑠海が専科入りしてから…と言うべきでしょうか。

なんでしょうね?

あんなに番手ぼかしをしまくり、珠城りょうの2番手期間がほぼない状態を作っていたのに。

なんなら、美弥るりかをきちんと2番手として扱い、珠城りょうの前に美弥るりかのトップ就任となっても良かったのでは?と思ってしまいます。

まぁ、あの時点での圧倒的な人気があれば、トップに選ばれていたでしょうが、今ひとつ押すものが不足していたのでしょうね。

本題に戻り。

美弥るりかの初主演が決まり、しかも東上までするとは!

いわゆる餞別なのでしょうか?

月組には月城かなとが組替えでやってきますし、入れ替わりで退団しちゃったりするのかしら?

それとも、順調な出世街道に入ったのでしょうか?

花組の明日海りおもあと1〜2年で卒業でしょうし、もしかしたら紅ゆずるも早期退団かもしれませんし。

その後につなぎ的なトップ就任はあるのかもしれませんね。

美弥るりかは、小柄で女性っぽいビジュアルですが。

「1789」のフィナーレの華やかさは、THE! 宝塚スターでした。水色の衣装がとても似合っていましたね。

しっかりと男役としてステージ上に存在していますし、私は凪七瑠海よりも男役としての完成度は高いと思うので、月組には2番手として活躍することには大賛成です。

月組は昔から若いスターを抜擢してきた組ですが、年功序列でしっかりと経験を積んで花開くようなスターの育成をお願いしたいですね。

暁千星なんて、もっと丁寧にゆっくりと育成してほしいです。

そんなこんな書きましたが、

美弥るりかさん、初主演公演決定おめでとうございます!!



10/18に観劇しました。

この日は、花組の生徒さんたちが観劇されていました。

私が確認できたのが、水美舞斗さん、鳳月杏さん、桜咲彩花さん。

やはり華やかでした。

私の座る席の辺りを若い生徒さんたちが通られたのですが、スタイルの良さから生徒さんかなー?と思う感じだったのですが、言動がチャラい!偽ジェンヌ?と思っていたのですが、後々楽屋口から水美さんと出てくるのを見てびっくりしました。

生徒なんだから、ファンのいるところでは品性を大事にしてくださいよー。


さて、「Greatest HITS!」の感想。

いいショーだったと思います。

冒頭の華やかな宝塚らしい衣装のプロローグ場面。圧倒的な勢いを感じます。

それから、summer timeに乗せて踊る早霧&望海の官能的なダンスの場面。

この2人は本当に絵になりますね。

雪組がトップコンビだけでなく、2番手男役も含めたトリデンテを押しているのがわかる気がしますね。

望海の持つ男役の色気が、真っ直ぐさが魅力の早霧と絡み合い、互いに魅力を増しているように思います。

そして、特筆すべきはOver the Rainbow に乗せて踊るトップコンビのデュエットダンス。

最近の公演で、こんなにがっつり踊るデュエットダンスあったかな?と思うくらい、舞台をフルに使ったダンス。

いいですねぇ。満足!

また、別の記事で最近のデュエットダンスに関する思いを書きたいと思います。

イケメントナカイやサンタの登場でクリスマスメドレーに入ります。

これ、東京公演の頃には盛り上がるんではないかなぁー。

東京で観る方々、うらやましい!

あっという間にパレードになってしまって、楽しかったような寂しいような。そんなショーでした。

ショーでは、望海風斗の圧倒的な歌唱力に惚れ惚れしました。今でも充分な歌手ですが、音域の広さや歌声を使い分けるテクニックが身につけば怖いものなし!ですね。

月城かなとも美形で歌えて踊れて三拍子揃った男役ですね。月組に組替えが決まり、雪組での最後の公演でした。珠城りょうとの並びが楽しみです。

永遠輝せあのビジュアルの良さ、そして歌える!ことに感心しました。少し紅ゆずるを彷彿とさせるビジュアルですね。そして、新公学年なのに、パレードで1人降りしていることに驚きました。劇団イチオシなんでしょうね。着実に育って欲しいし、育てて欲しいと思います。

咲妃みゆについても、思うことはたくさんあるのですが、別の機会に書きますね。あ、いい意味での思うことです。

「Greatest HITS!」もう一度観たくなるショーでした。

どこかでもう一度観に行こうかなぁ。






10/18に雪組観劇してきました。

昔はよく雪組を観ていたのですが、復帰してからは初めての観劇。

早霧せいなは、歌が今ひとつだし発声が良くないのであまり惹かれないスターですが。

歌も、本人比でかなり上手になってきているのは感じますが、上手くはない。

ですが。

生で観ると、男役としての動きや踊りのダイナミックさ、スーツの着こなしが際立って、歌の今ひとつさを上回る魅力を放つとても素敵なスターだと感じました。

ケイレブ・ハントについては、早霧&咲妃コンビの恋愛が描かれていて、しっかりトップコンビを見せる公演だったと思います。

正塚先生の作品は、高い演技力を求められるのだな…と改めて思いましたね。

かつて、久世星佳が演じてハマっていた正塚作品。確か、香寿たつきもハマっていたかな?

最近は不評だと耳にすることも多かったのですが、今回の作品を観て、不評だったのは演じる側の力量が追いついていないのではないのか?と思ったりもしました。(脚本・演出に問題のある不評作、駄作もあるとは思いますし、不評と言われていた正塚作品を観ていないので、あくまで私の推測です。)

正塚作品は、行間を読む芝居が求められると久世星佳が話していたように記憶してますが。

合わせて、大人の男女の何気ない日常の恋愛を切り取る作品が多いことも、最近のアイドル然としたスターたちには演じることが難しいのかもしれませんね。

そういう意味で、早霧&咲妃コンビは大人の男女の機微を上手く演じていたと思います。

雪組の生徒さんたちには詳しくないのですが、演技達者な方が多く、安心して観劇できました。

101期生の縣千が、探偵事務所の下っ端役で抜擢されていたのも印象的。

まだまだ体型もお化粧も髪型も洗練されていないけれど、抜擢されるにはそれなりの理由があるわけで。

これからの成長が楽しみですね。

先月、大劇場にて星組の北翔海莉&妃海風コンビの退団公演を観劇しました。

芝居、ショーともに思うこと。

せっかくの歌ウマコンビなのにもったいないなぁ〜ということ。

2人のコンビの良さが活かされてないし。

ショーなんて、がっぷり組む場面が1場面あったくらい?

もう2人の姿はこれで見納めなのに、なんでがっぷり組ませないのでしょうか?

紅&綺咲コンビは次公演からたっぷり観れるわけですよ。

トップコンビのサヨナラ公演のパレード前のフィナーレ最後の場面が紅&綺咲の歌って…どないやねん!?と突っ込みまくりです。

生徒さんたちが悪いわけでなく、これは演出の先生たちが悪い。

北翔海莉も気遣いの人らしいので、自分がトップに落下傘したことでトップ筆頭候補紅ゆずるに対して、何かしらの思いを抱いていたとは思うんですけどね。

でもね。

演出家としては、北翔&妃海がトップの間は2人ががっぷり組むような場面、役を考えるってものじゃないの?

宝塚はトップコンビのあれやこれやプラス2番手との絡みを楽しむものなんじゃないの?

と、いろいろ思いました。

そういうわけで、残念な思いも沸々とするサヨナラ公演でした。

皆さんはどう思われました?

真彩希帆は、娘役らしい見た目ながらその実力は計り知れないと思ってます。

真彩希帆という娘役を認識したのは、エリザベートでの女官役のソロ。

ほんの数小節の短いソロだったけど、透き通る歌声に、どの子?とパンフレットを見直しました。

新人公演では、マダム・ヴォルフを演じると知り、俄然興味が出てきました。

こんな幼そうな顔の娘役さんが、マダム・ヴォルフ?とね。

そのあと、ネットで明日海りおとデュエットした「エメ」や望海風斗とのデュエット「HOME 」を聴いて、素晴らしい歌声に感動!

そして。

星組に組替えの際の挨拶が、本当に素晴らしかった。

可愛らしくて、聡明な娘役だと知りました。

風の次郎吉観劇後に、うめだ阪急でご本人と遭遇!!

本当に可愛らしく、感じの良い話ぶりに一気にファンになりました。

星組に移ってからの活躍ぶりは言うまでもなく。

ガイズ&ドールズでは新人公演でアデレード。

こうもりではメイド役、新人公演ではヒロインを。

鈴蘭ではヒロイン。

桜華に舞え!では、愛奈姫役で幕開けすぐにソロがあったり。

存在感のある娘役に、目下成長中。

次回バウホール公演ヒロイン演じるのを最後に、雪組へ組替え。


これは、望海風斗のお嫁さん候補としての組替えと考えてしまいます。


たぶん。

真彩希帆は、紅ゆずるのお嫁さん候補として星組に組替えしてきたと思うんです。

劇団側は、妃海風が北翔海莉と添い遂げ退団するとは予測してなくて、スカーレットピンパーネルは紅・妃海コンビで上演される予定だったんじゃないかしら。

妃海はスカピン後に退団。歌に少し弱さのある紅の相手として、真彩希帆が就任という流れだったのでは?と思ってしまいます。

真彩希帆は、紅のパーソナルブックにも登場してたしね。

私の想像で、妄想ですが。




望海風斗は北翔海莉に次ぐ歌ウマのスターで。

相手役には、やはり歌ウマの娘役であるべき。

真彩希帆がその相手になることを願いつつ、彼女の成長を応援したいですね。

↑このページのトップヘ