10/18に観劇しました。

この日は、花組の生徒さんたちが観劇されていました。

私が確認できたのが、水美舞斗さん、鳳月杏さん、桜咲彩花さん。

やはり華やかでした。

私の座る席の辺りを若い生徒さんたちが通られたのですが、スタイルの良さから生徒さんかなー?と思う感じだったのですが、言動がチャラい!偽ジェンヌ?と思っていたのですが、後々楽屋口から水美さんと出てくるのを見てびっくりしました。

生徒なんだから、ファンのいるところでは品性を大事にしてくださいよー。


さて、「Greatest HITS!」の感想。

いいショーだったと思います。

冒頭の華やかな宝塚らしい衣装のプロローグ場面。圧倒的な勢いを感じます。

それから、summer timeに乗せて踊る早霧&望海の官能的なダンスの場面。

この2人は本当に絵になりますね。

雪組がトップコンビだけでなく、2番手男役も含めたトリデンテを押しているのがわかる気がしますね。

望海の持つ男役の色気が、真っ直ぐさが魅力の早霧と絡み合い、互いに魅力を増しているように思います。

そして、特筆すべきはOver the Rainbow に乗せて踊るトップコンビのデュエットダンス。

最近の公演で、こんなにがっつり踊るデュエットダンスあったかな?と思うくらい、舞台をフルに使ったダンス。

いいですねぇ。満足!

また、別の記事で最近のデュエットダンスに関する思いを書きたいと思います。

イケメントナカイやサンタの登場でクリスマスメドレーに入ります。

これ、東京公演の頃には盛り上がるんではないかなぁー。

東京で観る方々、うらやましい!

あっという間にパレードになってしまって、楽しかったような寂しいような。そんなショーでした。

ショーでは、望海風斗の圧倒的な歌唱力に惚れ惚れしました。今でも充分な歌手ですが、音域の広さや歌声を使い分けるテクニックが身につけば怖いものなし!ですね。

月城かなとも美形で歌えて踊れて三拍子揃った男役ですね。月組に組替えが決まり、雪組での最後の公演でした。珠城りょうとの並びが楽しみです。

永遠輝せあのビジュアルの良さ、そして歌える!ことに感心しました。少し紅ゆずるを彷彿とさせるビジュアルですね。そして、新公学年なのに、パレードで1人降りしていることに驚きました。劇団イチオシなんでしょうね。着実に育って欲しいし、育てて欲しいと思います。

咲妃みゆについても、思うことはたくさんあるのですが、別の機会に書きますね。あ、いい意味での思うことです。

「Greatest HITS!」もう一度観たくなるショーでした。

どこかでもう一度観に行こうかなぁ。