先日、シアタードラマシティにて、星組公演「阿弖流為」を観劇してきました。

原作を大筋把握して観劇したのですが、映像を使った演出による登場人物や土地、位置関係などの説明があり、とてもわかりやすかったです。 
ただ、あの対戦ゲームみたいに顔写真が出るのはいただけないなぁ。なんか、安っぽく見えました。

さて。

今回の公演での驚きは、主役の礼真琴よりも坂上田村麻呂を演じる瀬央ゆりあの見事なまでのセンター感。
え!?このスターオーラを放つのが、せおっち?!?!
と、自分の中で突っ込み入れてしまいました。
正直、礼真琴よりもセンターに立った時のオーラが凄かった。
坂上田村麻呂は、とても魅力的な役ですから相乗効果があったかもしれませんが、後ろにいても端にいても目を惹く華やかさ。この急成長ぶり、勢いに驚きました。

彼女の課題は、声の使い方だと思っていました。低く太い響く声が出ない、優しげな声色の時にナヨッとした感じになる、この2点が気になっていて。これを克服したら、いい男役になるぞ、と思ってたのですが。
今回の公演では克服し、見た目も内面も男前の田村麻呂として存在していました。ぱっちりした目元が日本物の鬘でスッと切れ長になり、おそろしくかっこよかった。視線の動かし方とか、どうした!?せおっち!いつからそんなオトコマエの表情するようになったの?!と、なんだかドキドキハクハクしておりました。
唯一、滝行のあとの歌が惜しかったですかね。若干歌詞が明確でなく、クリアな声でなかったのが残念な点。
更に歌唱力の向上を努力してほしいな。そして、彼女のセンターの作品をぜひお願いしたいところ。
センターのせおっち、観てみたいです。


主役の礼真琴。阿弖流為の人物像と礼真琴の今の境遇が合致してるように思えて、とても見応えありました。圧倒的な歌唱力、伸びやかなダンス、熱い芝居。
どれも実力十分で安心して観ていられる反面、こじんまりしてしまうのかなー?阿弖流為としての存在の大きさが感じられませんでした。身長的に小柄なわけでもないのに、舞台であまり大きく見えないのが、唯一の弱点なのでしょうかね。
実力派こそ、小さくまとまってしまうとよく耳にします。せっかくの実力派ですから、さらに大きく成長を期待しています!

佳奈を演じた有沙瞳。
上手いんですけども、無難にヒロイン演じたなぁーというのが第一印象。
ちょっとぶりっ子に演じすぎ?私の感じた原作での佳奈の印象とちょっと違うかなー?
彼女の持ち味的にも、もう少し勝気な部分を出してもよかったのではないかなー?有沙瞳はヒロインというより脇で光る個性があるのではないかなぁ?なんとなく、私の中のヒロイン像とは合致しない娘役さんです。
礼真琴の隣にいると身長的にはお似合いなのですが、2人の雰囲気はなんか違う。鈴蘭のときの真彩希帆は身長的には高かったので合わないかな?と思ってましたが、声や雰囲気がとてもお似合いで、この2人で組むのをまた観たいと思いました。有沙瞳とのコンビは、次も!という食指?は動かないなぁ。残念。

母礼演じる、綾凰華。
天華えまの影に隠れ、私の中に印象がない人でした。若干歯並びがネックよねー?くらいの印象。
ところが今回、母礼というキーになる役を演じ、彼女の実力を見せつけられた感があります。
華のある男役ですね。発声も良く、芝居もいい。母礼という頭の良い冷静な男をしっかり演じていましたね。歌もいい。なぜ、天華のほうが役付きが良いのでしょう?疑問です。
フィナーレのダンスを観ていると、身体の使い方や魅せ方については、新公主演2回経験のある天華のほうが目を引きました。経験で自分の魅せ方を身につけてほしいですねー。
この公演後に、雪組に組替えとのこと。雪組での活躍を期待したいです。

鮮麻呂演じる、壱城あずさ。
私、苦手なんですよね、彼女。
舞台の上では、自己主張が強かったり、オフでもなんとなく威圧感がある物言いをされるので、好きじゃなかったのですが。
鮮麻呂は、ものすごくよかった。
抑えた芝居で鮮麻呂の人格を表現していて、鬼の場面なんて阿弖流為とのやりとりまで壱城あずさが演じてることがわからなかった。観ながら、「誰だろう?後でパンフで確認しなきゃ!」と思ってたら…。
こんないい芝居する人だったんですね。
上級生になり、脇で支えることへの覚悟ができたのかしら?

若手でいうと、天飛華音、蒼舞咲歩、颯香凛、天路そらがいい役をもらっていて目立ちました。皆、期待に応えていたと思います。
それにしても、最近の下級生は男役としての基礎ができていますね。声や歌、メイク、出来上がっていますね。ちょっと前の若手と比べると雲泥の差…。
その中でも、天飛華音は研2!?!?
エンタテで初舞台踏んだ子でしょ!?
フィナーレのダンスナンバーで、センターから歌いながら出てきたのを見て、物凄いスター候補が出てきた!って感じました。

颯香凛は、滑舌が良くて丁寧ないい芝居をする子ですね。他の方から、台詞の言い回しが北翔海莉にそっくりと聞きました。残念ながら、私はうっかり確認できてません。これから要チェックです!

兎穂名役の天彩峰里。
男役?って思える発声に驚き。
少年役が続いているようですが、私は彼女の娘役としての芝居が好きです。こうもりのメイドちゃんから注目していますが、イキイキとお芝居する姿が可愛らしいのです。
兎穂名としての芝居は、祭りの場面が微笑ましくも哀しくもあり…。鬼をめぐる市民との衝突での、哀しく怒りに満ちた兎穂名に感情移入しました。
彼女は歌も上手いのに、なぜか舞台で歌わせてもらう機会に恵まれない…。今回、研2の娘役さんがソロをもらっていたけれど、なぜ?と思ってしまう。
彼女も次の公演のあと、宙組に組替えですね。どうか、宙組での活躍を願います。本当は、彼女が礼真琴の相手役として活躍する日を心待ちにしていたのですが…。
 
とにかく、若手が多く役をもらい、それに応えた実力を見せてくれました。
いい舞台でした!

昨日は宙組の集合日。

朝夏まなとと一緒に大量退団になりやしないか…気になっていたところ。

娘役の退団…。
しかも、いい味してる娘役たち。
瀬音リサ、彩花まり、伶美うらら…。

うららちゃん、真風の相手役じゃないの?
あんなにお似合いなのに?
オトナな雰囲気のコンビがあっても良くない?
ソプラノ歌唱は壊滅的だったけど、まぁそんな人多いでしょ?
95期からはもう娘役トップ出さないってこと?

なんでよー。

けっこうショックでした。

毎回人事はファンの思う通りにはいかないものだけど、うららちゃんは真風の相手役になって欲しかったなぁ。

花組公演を観てきました。

まずは、仙名彩世トップ娘役就任&大劇場お披露目おめでとうございます!

いやー。
よかった。
思ったよりも真ん中が似合っていました。コツコツとしっかりその準備ができていたことが素晴らしいことだと感じました。
仙名彩世については、別に書こうと思います。


さて。
邪馬台国の風…。
うーん。
おもしろくなかった。途中寝る人続出にて、膝からパンフレットが落ちるバサッという音やオペラか何かが落ちるゴトッという音があちこちで…。
どこかで携帯まで鳴りましたけど、いつもならイラっとするけど、スルーできるほど。

生徒さんは懸命に演じていましたがねぇ…。
なんてったって、脚本と演出が問題でしょう。
ブツ切れのストーリー、説明の多いセリフと歌、暗転でしか場面転換がない、闘いの場面と卑弥呼の場面が交互にやってくる単調な展開…。
まぁ、昔から宝塚ってこんな感じ多いよね?という感じ。
そして、ラストが唐突すぎて…え?!と思っていたら終わりました。
突っ込みどころ満載なので、そういう視点で見るとおもしろいかもしれません。

ショー「sante!」は、今の花組の魅力が満載であっという間に終わってしまいました。
かつてのショー「cocktail」と似た場面もあったようですが、私は「cocktail」を観ていないので、わかりませんでした。
幕開けからトップスピードで駆け抜けて行くショーでしたが、各スターに見せ場が作ってあり見応えがありました。

特筆すべきは、瀬戸かずやと水美舞斗のデュエットダンスでしょうか。セクシーな振付と水美舞斗の筋肉がすごい!
あとは、フルコースの場面のトップコンビのダンスがいいですね。成熟期に入ったトップ・明日海りおに仙名彩世がぴったり合い、素晴らしい舞台を観せてくれました。
明日海りお・仙名彩世、芹香斗亜・白姫あかり、柚香光・朝月希和の3組のダンスやフィナーレの黒燕尾など、安寿ミラの振付はいいですね。色気と品が共存していて、宝塚の魅力が伝わります。

フィナーレのトップコンビのデュエットダンスは大人っぽいのに初々しさもあり、息のあったダンスでした。リフトも軽く持ち上がり、降りるときも違和感もなく…仙名彩世の娘役力を感じた場面でした。

フィナーレの仙名彩世の頭の飾り…。あれ、センス悪いですよね?私は藤井大介氏のセンスを疑います。

総評としては、
今回の花組公演は、ショーを楽しみに行くのが良い!!
ということですかね。

東京では、大幅に脚本演出変わってたりして。

↑このページのトップヘ