ポーの一族、ドクトル・ジバゴも観劇しているにもかかわらず、まずはこの話題を!!!


天彩峰里、新公ヒロイン決定!!

星組から異動して、どういう扱いになるか…とても心配していましたが。

よかった。

いつも真摯に舞台に取り組んでいる彼女が報われて嬉しいな。

頑張ってヒロインを演じてほしいです!

望海風斗&真彩希帆コンビのお披露目公演、とても楽しみにしていました。

歌うまコンビにワイルドホーン作曲となれば、期待せずにはいられませんでしたが…

期待以上でした!!!!!!!


すごい公演を観た!


感想はこれに尽きる。


ま、でも。

今回の公演で目立ったスターについて、書きたいw

やはり、真ん中。

だいもん。

せり上がりでの演説のソロ。

圧倒的な歌唱、魂の歌に鳥肌が立つほど興奮しました。

ただの歌うまスターとは違う、観客をねじ伏せる力のある歌が歌えるスター。
すごい!
ロベスピエールが革命に希望を持ち進む時、仲間との対峙、ボタンを掛け違えたかのように滅亡に向かう…。
ロベスピエールとしての感情がダイレクトに伝わり、観ていて辛かった…。
すごい芝居でした。ミュージカルでした。

相手役、真彩希帆。
だいもんが全力で進んでもぶつかっても振り落とされることのない実力のある娘役。
声も芝居もだいもんとの相性が良く、作品に入り込むことができました。
冒頭の、私はマリー=アンヌ…のソロでは、マリーの感情にシンクロしてしまいすでに涙が流れてました。
どの歌も素晴らしいし、感情の揺れがしっかり伝わり見事なマリー=アンヌでした。
特にマリー=アンヌが絶望から希望を持ち始めるデュエットの素晴らしさ!2人の声が溶け合っていくようでした。
あぁ、だいもんには真彩希帆しか考えられない!
素晴らしい娘役。


そして。
サン=ジュストの朝美絢。
月組育ちのあーさがどう雪組で輝くか楽しみにしていましたが…だいもんとの芝居の相性がとっても良くて、ゾクゾクするほど純粋すぎるサン=ジュストでした。
あーさ演じるサン=ジュストの目のキラキラはすべてロベスピエールに向けられていて、ロベスピエールが破滅に向かう道程でも彼はキラキラ満面の笑みで…。
この対比によって、ロベスピエールのつらさが際立ち、涙が溢れましたー。
あと、あーさってこんなに歌えた?冒頭の歌でびっくりしました。迫力ある歌唱のできる男役…。月組では埋もれてたのかな?(月組あんまり観ないもんで…)


それと。
彩風咲奈…。
やっぱりスタイルいいわ!
足長いし、目立つスタイル。
歌はそこそこ歌えているのに、トップコンビがあまりにもうますぎて物足りなく感じる…。声にもっと艶が出るといい男役になるのに!
頑張ってほしい!!


この公演、もっと掘り下げてほしいところがたくさん。
マクシム、ダントン、カミーユの友情とか、
マクシムの唯一の家族である妹と弟との関係とか、
マリー=アンヌに対する感情の変化とか、
もっと深く掘り下げて、一本物にしたら良かったのに!

脚本は駆け足な気もしますが、
トップコンビの歌唱力と
ワイルドホーンの曲と
だいもん、きいちゃん、さきな、あーさ、コマさん、みちるちゃん、なぎしょーたちの芝居で素晴らしい作品、ミュージカルになっていました!

私はあと数回観に行きます。
変化が楽しみです!





彼女は下級生の頃から、その美しさは目立っていて。
ヒロインを与えられることが多かったよう。

おそらく地声も低く、高い声を出すことがとても難しい喉の持ち主だったのだろう。
ヒロインとして歌を歌う際には、自信なさげな喉を締め付けるようにか細い声を出すことが精一杯のようだった。

天性の美声を持たない役者にとっては、歌のレッスン、ボイストレーニングは必須ではあるけれど、かなりの出費が必要で…きっと宝塚のお給料だけではやっていけないのが実情…。

声がよくて歌がうまい役者が好きな私は、彼女を語るときには「絶望的にヒロイン歌唱ができない娘役」…として語ってしまう。

だけど、サヨナラ公演での伶美うららはヒロインだった。
高音の歌唱はできないけれど、しっかりとヒロインとして存在していた。

神々の土地での、あの芝居は彼女だからこそできた芝居。イリナとして唯一ドミトリーと対峙した時は仕草や声色で揺れる感情を表現する彼女の芝居は、素晴らしかった。
ショーでは着こなしが難しい赤いドレスも自分のものとし。低音歌唱で大人の女の喪失感を歌い上げていた。

どうして、彼女をトップにしなかったのか?
その思いしか残らない。

実咲凜音の退団がエリザベートであれば、双頭の鷲から宙組のヒロインとして存在することもできたはず。
朝夏まなとの退団を見送り、真風との新たなコンビを組み数作で退団…。
今更嘆いても仕方ないが、本当に惜しい。

劇団の歴史上には、トップ娘役として名前は残らないけれど。ファンの心には、美しい娘役・伶美うららは刻まれました。



上田久美子先生の言葉を引用して。





さようなら、美しい人。



↑このページのトップヘ